WordPressでのNotofontの適用方法と注意点

Google noto fontsの日本語の適用方法と注意点を説明します。

 

Google Noto Fontsとは?

Google Noto FontsとはGoogleが開発しているフォントで全言語のサポートを目標に作られているフォントです。

日本語向けには「Noto Sans CJK」という名前で公開されています。

1

 

角ゴシック体でとても綺麗なフォントです。

その上全ての日本語、韓国語、中国語を網羅しています。

難しい漢字でも楽々かけてしまいますね。

 

WordPressでの適用方法

WordPressで適用するには、[管理画面]>[外観]>[テーマの編集]と進み、右側のリストから[スタイルシート(style.css)]を選択します。

そしてCSSの一番上の行に、
[code lang="css"]@import url(http://fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjp.css);[/code]
と記述します。

 

そうしたら、少し下にスクロールして、
[code lang="css"]/* =Global
----------------------------------------------- */[/code]
と書いてある所を見つけます。

そのちょっと下にある
[code lang="css"]font-family: [/code]
というのを、
[code lang="css"]font-family: 'Noto Sans JP', sans-serif;[/code]
に置き換えます。

これで終わりです。

導入の注意点

このフォントは容量が大きいため、ロードに時間がかかってしまいます。

Wi-Fiなんかだとそこまででもないかもしれませんが、3Gだと少し厳しいかもしれません。

そのデメリットをわかったうえで使いましょう。

また、このフォントから必要なものだけを抜き出し使用する方法もあります。

当ブログでは必要なもののみを抜き出し、軽量化させて表示しています。

それでも多少は重いですけど…

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策の為、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。