「fgflopweb」というWebフォントについて調べてみた

0

最近「fgflopweb」なるWebフォントを指定しているページをちょくちょくみたので一体これはなんのWebフォントか気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

正体は?

Webフォントファンというサイトで公開されているフロップデザインWEBフォントというフォントでした

フロップデザインWEBフォント日本語ウェブフォントワードプラスプラグイン

どういうもの?

Google FontsFont Plusとは違い独自のサーバーを経由させるのものではなく、購入したプラグインのファイルの中にフォントが含まれているみたいです。

プラグインの中のPHPファイルには、フォントの読み込みと指定が書かれていました。

価格は2000円とリーズナブルで、日本語フォントが設定なしに使える、というのは面白いサービスですね。
とはいえ、ただプラグインの中にフォントファイルが入っているだけなのでページが重くなってしまう、という問題は残りますが。
と思っていたのですが、ファイルの中身が100KBも満たないくらいの軽さだったのでページが重くなってしまうという心配はあまりないみたいです。

始めは似たようなフリーフォントいっぱいあるしわざわざ買う価値はあんまりないかな?と思いましたが、この軽さであれば買う価値があるかと思います。
こういった雰囲気のフォントを探しているのであればこれが最適です。

この他にもいくつかフォントを売っていたので興味がある方は見てみるといいでしょう。

そんなことより正しくパーミッションを指定しないとフォントがダウンロードできちゃうんですがいいんですか…

 

 

ミルコン@管理人

しがない学生の WordPress デベロッパー。最近は WordPress テーマの作成や翻訳などやってます。フロントが好き。Twitter: @mirucons

スポンサーリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策の為、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。