なぜかカクヨムのアプリでWebフォントが使われてる件

1

最近、というかちょっと前に話題になったカドカワとはてなが作った小説投稿サイトの『カクヨム』ですが、カクヨムのAndroidアプリで何故かWebフォントが使われてて不思議に思ったのでちょっと色々考察してみました。

スポンサーリンク

なんのWebフォント?

ゴシック体は『Noto sans CJK JP Regular』、明朝体が『IPAex 明朝』で間違いないと思います。

両方とも、ザ・定番の日本語フリーフォントですね。

アプリ開発の予算が少ないのでは?と思わせるほどのフォント選択。

決してこの2つのフォントが汚いとは思わないし、むしろ綺麗だと思うほどではありますが、それでもそこそこ大きな企業が作ったアプリでフリーフォントというのはプライド的に大丈夫なのでしょうか…

iOSでは使われてない

このWebフォント達が使われているのはAndroidアプリの方だけで、iOSでは使われてませんでした。
まあiOSではヒラギノフォントが入ってますし、必要ないということなんでしょう。

なぜWebフォントなのか

なぜWebフォントを使っているのかは本当に不思議です。
Noto sans CJK JPとIPAフォントは、再配布(アプリ内にフォントファイルを配置すること)することはライセンス上可能になっています。

表示速度を犠牲にしてまでWebフォントを使用する意味というのが私にはよく分かりません…
アプリそのものにフォントを同梱するのが嫌なら、電子書籍ビューアによく見られる、初回ビューア起動時にフォントをダウンロードする形にすればいいだけだと思うのですが…

ちなみにですが、『Noto sans CJK JP Regular』はAndroid 6.0から標準フォントになっているので、Android 6.0の機種を使っている人は、ローカル環境にそのフォントがあるのにWebからフォントを読み込んで表示するという訳の分からないことをさせられることになります。

カクヨムには変なフォントのこだわりがあるっぽい

Androidでだけ標準フォントを使わせない所や、カクヨムのサイトの色んな所にめちゃくちゃな数のfont-familyを指定しているところを見ると、カクヨムには変なフォントのこだわりがあるのかな、と思います。

1

カクヨムのめちゃくちゃ長いフォント指定。見出し部より抽出

Webフォントを使っているのは本当に不思議でたまらないのですが、小説ビューアーとしてフォントにも気を使ってくれてるというのはいいことなのではないかと思います。

あとは…お願い…お願いだから…Android 6を使っている人用にローカルフォント表示にも対応して…!

ミルコン@管理人

しがない学生の WordPress デベロッパー。最近は WordPress テーマの作成や翻訳などやってます。フロントが好き。Twitter: @mirucons

スポンサーリンク

1 Response

  1. NotoSansは小塚ゴシックをヒラギノ角ゴ寄りにしたみたいで普通に癖が無く綺麗なフォントだけれど。
    IPAexは機械的というか大して綺麗じゃないような。小説とかで使われる明朝体には余裕で負けてる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策の為、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。