消えた AppSpector のかわりは wappalyzer が良さそう

2

AppSpector という今アクセスしてるサイトがどんな CMS やアプリを使っているか分かる便利な Chrome 拡張機能があったのですが、今日見たら何故か消えてしまっていました。

ということで何か他に代用できそうなのがないか探していると、wappalyzer というものを見つけました。Chrome と Firefox 両対応です。

Chrome版
Firefox版

AppSpector がいつの間にか復旧してました。でも個人的には wappalyzer の方が使いやすかったです。
復旧してたと思ったらまた消えてました。どうやら AppSpector にはスパイウェア疑惑があるようですが、真偽は知りません。

使ってみる

右上の拡張機能アイコンをクリックするとこんな風に出ます。 アイコンだけしか出なかった AppSpector と違いアイコン+名前+大雑把な説明を出してくれるのでわかりやすいです。
WAPPALYZER-apps

名前をクリックすると wappalyzer が検出した数をサイト別ランキング形式で出してくれます。こういうのって見てるだけで面白い。
ただし、あくまで検出した数になるので技術系サイトに偏ってますし、何かの参考になるわけではなさそう…
WAPPALYZER-WordPress-analytics

雑感

AppSpector と比べて検出率が良い気がします。
例えば、GIGAZINE では、AppSpector では PHP としか出なかったのに対し、 wappalyzer では ExpressionEngine であることまで検出できていました。

また、CMS やライブラリだけでなく FontAwesome だとか W3 Total Cache だとか CloudFlare だとか、細かいところまで分かるのでなかなかに参考になります。

ということでなかなかに便利だったので AppSpector に特に不満がなくても乗り換えると幸せになれそうです。

mirucon

フリーランスで WordPress, フロントエンド開発をするエンジニア (お仕事募集中)。最近は WordPress テーマの作成やレビュー、翻訳などやってます。フロントが好き。Twitter: @mirucons

スポンサーリンク

シェアする

2 Responses

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策の為、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.